Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

福岡で高校生が小学生をひき逃げ?男子高校生は誰?学校はどこ?炎上!

福岡で高校生が小学生をひき逃げ?男子高校生は誰?学校はどこ?炎上!

福岡県の福岡市で高校生が小学生をひき逃げする事件が起こりました。

今回のひき逃げをした高校生は、車やバイクを運転していたわけではなく、自転車でぶつかってのひき逃げだったそうです。

自転車でも相手は小学生なので、かなりのケガを負うことになりました。

ひき逃げした高校生は、世間から「自分のことしか考えていない」などの声が多数上がって炎上してしまいまいた。

ひき逃げをした高校生男子は誰なのでしょうか?またどこの学校に通っているのでしょうか?

福岡市で男子高校生が小学生をひき逃げして全治2ヶ月の大ケガ!批判殺到で炎上!

男の子は夏祭りの準備を終えて家に帰る途中だった。

男子高校生が乗っていた自転車は曲がり角でもスピードを緩めることなく、小学生と衝突した。そして、男子高校生はけがをした小学1年の男の子(7)をその場に放置し、走り去った。ひき逃げと過失傷害の疑いで書類送検されたのは福岡市内に住む15歳の男子高校生。警察によると、男子高校生は先月6日午前11時半ごろ、福岡市内の路上で見通しの悪い曲がり角を左折しようとした際、小学1年の男の子と出合い頭に衝突。男子高校生はそのまま立ち去った疑いが持たれている。転倒した男の子は左足の骨を折る全治2カ月の重傷を負った。男の子は近くの公民館で夏祭りの準備をした帰りで、男子高校生はサッカーの試合に向かう途中だったということだ。
書類送検された男子高校生:「サッカーの試合があるので立ち去った」
現場を立ち去った理由をこう話し、容疑を認めているという男子高校生。さらに、調べに対してこう話しているという。
書類送検された男子高校生:「男の子に大けがをさせて夏休みなのに何もできなくて、不自由掛けて可哀想です。大変、申し訳なかった」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190823-00000070-ann-soci

福岡市で小学生をひき逃げした高校生は誰?名前や顔画像は特定された?

福岡市で小学生を自転車でひき逃げした高校ですが、現在名前や顔画像などは公表されておりませんので、誰なのか特定されていません。

またSNSなどのネット上でもひき逃げした男子高校生については、特定されていない状況です。

今回のひき逃げを起こした高校生は、未成年ということもあって書類送検されていますが、実名報道で名前などは公表されていないものと思われます。

福岡市で小学生をひき逃げした高校生の通っている学校(高校)はどこ?

ひき逃げ高校生は、未成年なので名前や顔画像が公表されていないのと同時に、どこの学校(高校)に通っているのかについても特定されていません。

このニュースが報道されて翌日以降休んでいる男子高校生がいる学校では、今回のひき逃げの話題でいっぱいになっているかもしれませんね。

しかも、今回はサッカーの仕上あるので立ち去ったということなので、かなり絞られている状況ではないでしょうか・・・

もしかしたら、地元では結構話題になって、どこの学校や誰がひき逃げしたのかについても特定されているのかもしれません。

福岡市で小学生をひき逃げした高校生に対する世間の声は?

男性
男性
小さなこが怪我してるのが分かっているのに逃げたというのは悪質ですね、自転車も免許が必要でしょ
女性
女性
このニュースの加害者の行動と言い分… うちの息子(ADHD)の日常のパターンと似てて怖い。
男性
男性
自転車でも交通事故。泣いてるのに放置しちゃダメでしょ!
女性
女性
どうしたらいいかわからないでしょう。 また分かっていてもいざ行動できる人は少ないじゃないかな? モラルを上げる意味で免許制になるでしょう。
男性
男性
人命軽視するような奴はスポーツすんな
女性
女性
文うちは、自転車事故の加害者になってしまうのを恐れ、息子も含め保険に入ったのだけど、うちの息子たんったら、夏休みだというのに部屋でゲーム三昧の日々を送っている

福岡で高校生が小学生をひき逃げ?男子高校生は誰?学校はどこ?炎上!まとめ

泣きじゃくっているこどもを放置して去っていたこともあって、世間からはバッシングを受けて炎上してしまいました。

最近自転車の事故が増えてきているので、もしかしたら免許制になっていくのかもしれないですね。