Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

【暴行動画】外国人英語講師まさかの園児へ暴力!講師は誰?名前は?

北九州市小倉北の認可外の保育施設で園児へ暴行とした思われるづがアップされました。

暴行したとされるのは、外国人講師の人です。

動画には、この外国人講師が園児で暴行したところがはっきりうつっており、保護者からは怒りや心配の声が上がっています。

【暴行動画】北九州市小倉北区で外国人英語講師まさかの園児へ暴力!

 北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為に及んでいたことが14日、分かった。元職員が告発のため、暴行の様子を撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し発覚。市は同日、施設に対して国の通知に基づく特別立ち入り調査を実施し、口頭指導した。市によると、施設側は事実関係を認めているという。

施設は1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたう。投稿された動画は、講師が男児の背中を強くたたき、英語で怒鳴る様子が撮影されていた。

施設によると、この英会話講師は常勤で約5年前から勤務。施設は14日から出勤停止とした。

投稿した元職員は講師として勤めていた米国人男性。子どもの口に本を突っ込む様子を見て驚き、他にも複数の幼児への暴力行為が日常的にあったため2~3月ごろ、ひそかに撮影したと説明している。

北九州市小倉北区の認可外保育施設で、英会話を担当する外国人講師が幼児に暴力を振るった問題で、施設側は14日夜、保護者説明会を開いた。

説明会は2時間近くに及んだ。終了後、取材に応じた保護者の女性は「説明で不安は解消されなかった。今後どうするか子どもと考えたい」。15日から子どもを通わせる予定という母親は「動画を見てショックだった。マイナスイメージが心配」と声を落とした。施設側からは「管理不足だった」との説明もあったという。

園児に暴行を加えた外国人講師は誰?名前や顔画像は特定されている?

現在、園児に暴行を行ったとされる外国人講師が誰なのかについて名前や顔画像などは特定されていないとのことです。

今回の外国人講師の園児の暴行は、同僚の別の外国人講師がこっそり撮影したことで発覚したとのことでしたが、日常でこんなことが行われていると保護者は本当に心配になります。

保育園や幼稚園、小学校もそうですが、閉鎖された空間のため、やりたい放題になる先生や講師の方もいるのが現実だと思います。

こういった暴行や暴力がなくなるためにも透明化を図る必要があるのかもしれません。

この園児へ暴行した外国人講師は5年程度この施設で働いていたため、暴行の被害を受けた園児の数はかなり多いのではないでしょうか?

北九州市小倉北区で外国人講師が園児に暴行した動画見た人の声

男性
男性
これはやりすぎ!!力一杯してる。ニュースではもっと酷いことをしている動画も沢山出ていた。
女性
女性
無理やり外国人つれてきて英語を教えなくていい。1~3歳は安全な保育が最重要だ。
男性
男性
各地の介護施設でも頻繁に起きる様に成るんだろうなぁ・・・。  この手に事件が、死亡原因の上位の食い込みそうだな。
女性
女性
告発があったから良かった。 他の職員はなぜ黙認したのか?
男性
男性
告発があったから良かった。 他の職員はなぜ黙認したのか?
女性
女性
北九州市の友人は二人の子がいますが認可 無認可問わず保育園には絶対に預けないと言います。預けている間に何されるか分からないからだそうです。それだけ信用が無いということですね。
男性
男性
この外国人講師は完全に虐待ですが、そもそも、子どもの年齢にあっていない「教育」は、「天才を育てる」どころか、子どもへの虐待だと認識した方がいい。
女性
女性
動画を投稿してくれたアメリカ人男性には本当に感謝してる。 日本人保育士は何やってたわけ?
男性
男性
動画を投稿してくれたアメリカ人男性には本当に感謝してる。 日本人保育士は何やってたわけ?
女性
女性
告発は不幸中の幸い。こういうむっつり正義多いな日本。そういう社会だから仕方ないの?講師選ぶセンスもゼロ。

【暴行動画】外国人英語講師まさかの園児へ暴力!講師は誰?名前は?まとめ

こんな暴行する外国人講師が5年間も働いていて、この園に子供を預けていた保護者は不安や憤りや怒りでいっぱいではないでしょうか?

体も心も弱い子供に対して行うことではありませんね・・・