Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
エンタメ

山口真帆暴行事件の音声データの所有者は誰か判明!元支配人今村悦朗

山口真帆が2018年に暴行事件を受けましたが、NGT48の運営側は事件について解明しようと動きを見せず、山口真帆は泣き寝入り状態になっていました。

しかし、今回、山口真帆の暴行事件の現場で取られたとされる音声データの一部が流出しているそうです。

そうなると気になるのが、音声データの所有者ですね!

今回は山口真帆の暴行事件の現場で録音された音声データの所有者について調べてみました。

山口真帆の暴行事件の現場での音声データを録音したのは誰?

山口真帆の暴行事件の現場では、実は音声データが録音されていたそうです。

このような状況でよく録音することができますね、、、

暴行事件の現場で音声データを録音することができるのは、山口真帆本人と犯人グループの人、そして、暴行事件の現場に駆けつけたあのNGT48のメンバーだけになります。

なので、暴行事件現場で録音したのはこの誰かだと思われますが、誰が録音したのかについては未だ分かっていません。

しかし、この音声データを持っているとされる人については判明しました!

山口真帆の暴行事件の現場での音声データの所有者はこの人たち

山口真帆の暴行事件の現場での音声データを持っているとされている人は

「今村悦朗元支配人」

「第三者委員会」

「メンバーの一部」

となっています。

メンバーの一部が持っているということなので、山口真帆も持っていると思われます。

そして、おそらく暴行事件の現場に駆けつけたあのメンバーも持っていると思われます

山口真帆がNGT48をグチャグチャにする?!録音された音声データの内容とは?

 4月21日にグループからの卒業を発表したNGT48山口真帆(23)。「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」などと運営への恨み節を5分以上にわたってぶちまけた。

事件現場から移動し、山口らは犯人らと近隣公園で言い合いになったが、その際に録音されたデータが存在する。この録音データは事件の調査にあたった第三者委員会にも提出されているが、これを実際に聴いた人物が今回、初めて証言した。

「よほど怖かったのでしょう。山口さんは恐怖の反動から『ぐちゃぐちゃにする』『全員辞めさせてやる』といった内容の発言をしていて、犯人とつながりが疑われるメンバーの名前を次々に挙げて詰問しているのです。あれを聴けばいろいろと見えてくる。ここまで問題が大きくなった以上、公開すべきだと思います」

出典:ヤフーニュース

山口真帆暴行事件の音声データの所有者は誰か判明!元支配人今村悦朗!まとめ

山口真帆の暴行事件の際に録音された音声データの所有者は、元支配の今村悦朗、第三者委員会、メンバーの一部と分かりましたが、なぜ週刊文春が持っているのかは分かりません。

週刊文春が音声録音データを持っているのは謎ですが、これをきっかけに山口真帆暴行事件が解決に向かっていくといいですね!

元NGT48山口真帆の音声録音テープの内容ヤバイ!犯人問い詰める4月21日をもってNGT48を卒業することとなった山口真帆ですが、2018年に起きた暴行事件については未解決のまま卒業となりました。 ...
山口真帆暴行事件現場に駆けつけたメンバーは村雲颯香!その理由は?2018年の年末にNGT48のメンバーである山口真帆が暴行事件に遭いました。 そして、その暴行事件が解決しないまま山口真帆は卒業と...
G子とは誰?山口真帆暴行事件の犯人と関与があったのはG子か?山口真帆が先日NGT48を卒業することとなりました。 その際に注目されていたのが、2018年に起きた暴行事件についてです。 ...
山口真帆暴行事件の音声データを持っているメンバーとは誰?先日山口真帆は、NGT48を卒業することを発表しました。 そして、卒業の際にはNGT48の運営側に対して恨みをぶちまけました! ...