Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ニュース

信号無視の歩行者が異例の書類送検へ!なぜ歩行者が悪い?理由とは?

信号無視の歩行者が異例の書類送検へ!なぜ歩行者が悪い?理由とは?

静岡市の葵区でバイクと歩行者の事故が起こりました。

これまでの交通事故では、より大きいものが基本的に悪いということになってきました。

今回の事故はバイクと歩行者との事故なので、基本的にはバイクの運転手が悪いということになります。

しかし、今回の静岡市の葵区のバイク事故では、歩行者が書類送検されるという異例の事態となりました。

なぜ今回の事故では歩行者側が書類送検されることとなったのでしょうか?

歩行者側が書類送検された理由について調べてみました。

歩行者が異例の書類送検に!信号無視で相手のバイクの運転手が死亡

警察は、歩行者の信号無視にも責任があると判断しました。

静岡市葵区で起きたオートバイと歩行者による交通事故で、警察は歩行者の男性を重過失致死の疑いで書類送検しました。

2019年1月の深夜、葵区昭和町の交差点でオートバイが横断歩道を渡っていた歩行者の男性をはね、オートバイの運転手が死亡、歩行者の男性も重傷を負いました。

警察はその後の捜査で、男性が信号無視をして横断歩道を渡っていたため事故を招いたと判断し、3日 男性を重過失致死の疑いで書類送検しました。

男性は酒を飲んだ後だったとみられ、赤信号で横断したことは認めているものの、「なぜ渡ったのか覚えていない」と話しているということです。

また、オートバイの運転手は過失運転致傷の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検されています。

重過失致死罪は、5年以下の懲役か禁錮、または100万円以下の罰金となっています。

歩行者であっても信号無視は重大な事故になりかねないと、あらためて認識する必要があります。

出典:ヤフーニュース

なぜ静岡市の葵区のバイク事故は歩行者が書類送検される?その理由とは?

本来であればバイクの方が悪いことになり、歩行者が信号無視をしたとしてもバイク側に責任があるということがほとんどでした。

しかし、今回は異例中の異例で歩行者側が書類送検されました。

警察は、今回のバイクの事故に関しては、歩行者側にも責任があると判断したのが、今回の書類送検の理由としています。

ただ、引っかかるのが歩行者側に「も」責任があるという表現ですね。

青信号でルールを守っていた方が基本的に悪いというのは納得いかないところもありますね。

しかも、バイクの運転手も死亡しましたが書類送検されています。

一般の感覚としては、信号無視してきた歩行者の方が完全に悪い気がしますし、酒を飲んで判断を誤って相手を死亡させたので、歩行者側が完全に悪いと思う人も多くいるのではないでしょうか?

こういった歩行者側を書類送検するというのは、ルールを守っている側からすると救われるところもありますね。

静岡市葵区のバイク事故で歩行者側は書類送検されたことについて世間の声は?

男性
男性
信号無視した歩行者を書類送検はいいと思う。こういうのはどんどんやってほしい。
女性
女性
いくら歩行者優先と言えど、歩行者が信号無視したのなら書類送検されても仕方ないよ。
男性
男性
まぁ歩行者も歩行者だよね。赤信号でもしれっと渡ってるから怖い
女性
女性
変な例えだけど通勤ラッシュに信号無視しようが、真夜中の閑散とした時に信号無視しようがしてる事は同じ。
男性
男性
初めてちゃう?歩行者書類送検。
女性
女性
歩行者も自転車も、道路を利用する以上は道交法に従わなきゃいけないことをちゃんと理解すべきよ。

信号無視の歩行者が異例の書類送検へ!なぜ歩行者が悪い?理由とは?まとめ

やはり世間の声としては、信号無視した歩行者側に責任があるとの声が多数あがりました。

バイクの運転手の遺族は、ルールを守った家族が死んだ上に書類送検されているので、溜まったモンじゃないですね。

今回の事故みたいに歩行者であっても書類送検の対象にしていくべきだというのが多数のようです。